株式会社EFリテール九州

<スマートフォンサイト>QRコードを読み込んでください

商品・サービス紹介オイル

エンジンオイルって何?

オイルの役割

エンジンオイルは5つの役割を担っています。

  • 滑らかに動かす:エンジンの各部分の摩擦を減らし、焼き付きや摩耗を防ぎます。
  • しっかり密封:ピストンとシリンダーのすき間をふさぎ、エネルギーのロスを防ぎます。
  • 冷やす:エンジンの各部分を冷却し、焼き付きや破損を防ぎます。
  • キレイに洗う:燃焼時に生じるススや不純物を洗い流し、エンジン内部をキレイにします。
  • サビを防ぐ:燃焼によって生まれる水や酸が引き起こすサビを防止します。

オイルについてもっと知りたい方は→ オイルの「なるほど」JXエネルギー

エンジンオイルの豆知識

軽自動車とオイルの関係

オイルの劣化に注意!
こまめなオイル交換を
おすすめします。

小さなエンジンでがんばる軽自動車。オイルも一生懸命に働かなくてはならないのです。
最近の軽自動車は、ボディの大型化や装備の充実により、車体重量が増えています。小さなエンジンでコンパクトカー並みの重さを動かしているのでエンジンは常に高回転(=高温)!つまり、熱によるオイルの劣化が進みやすいのです。特に高温になるターボ車は要注意。

ハイブリッド車とオイルの関係

低温時にも
高い省燃費性能
清浄性能を発揮する
高品質なオイルを!

地球にやさしいハイブリッド車。でも、オイルにとってはなかなか厳しい環境なのです。
ハイブリッド車は交差点などでの停止時に、エンジンの始動と停止を繰り返し、低速走行時は電気モーターだけで走ります。このためエンジンの温度がなかなか上がりません。エンジンオイルの温度も上がりにくいので、省燃費性能など、本来の性能が発揮しにくいという環境にあります。

こまめなオイル交換を

オイルトラブル

オイルはエンジンの熱による酸化や、燃えかす、水分の混入により次第に劣化していきます。
一定の期間または走行距離を過ぎたオイルは十分な働きができなくなるため、交換しないと燃費の悪化やエンジントラブルを起こす恐れがあります。

オイルと同時交換がオススメ!「オイルフィルター」

エンジンオイル内に混入した不純物(金属やススなど)を「ろ過」しているのが、オイルフィルターです。 使い続けていると不純物が蓄積して目詰まりするため、やはり定期的な交換が必要になります。
エンジンオイル交換2回に1回は、オイルフィルターを交換しましょう。

同時交換しないとどうなるの?

古いオイルフィルター内には、200cc~500ccの汚れたオイルが残っており、交換直後の新しいオイルと混ざってしまいます。せっかくオイル交換をしてもすぐにオイルが汚れてしまうため、充分にエンジンの性能を引き出す事ができなくなるのです。

取り扱いオイルラインナップ

サスティナ5缶集合
  • SUSTINA 0W20 4L
    SUSTINA 0W20 4L
  • SUSTINA CVTF 20L
    SUSTINA CVTF 20L
  • DIESEL 10W30 4L
    DIESEL 10W30 4L

お客様のご利用状況などをヒアリングいたしまして、最適なオイルをご提案いたします。
まずは、気軽にスタッフまでお声かけください。

PAGE TOP